心の大掃除


 
今年も残りわずかとなりました。
振り返ると、新しい出会いや経験を山ほど積み
今年も充実した一年となりました。
 
新しい経験を成長の糧にするのは、決して生易しいものではありませんが
そこから得られるものは計り知れず
いくつになっても人は成長できる!ということを教えてくれます。
 
「出来ない」ことが「出来る」ようになるためには
自分をよく点検することが大切だということも
多くの方々と接する中で学びを深めました。
自分をよく点検しておかないと
いつまでたっても「出来ない」のは
自分に無理難題を押し付ける周りに原因があると捉えてしまうからです。
自分自身をよくよく点検すると、実は原因は自分にあり
「出来る」ようになることを諦めようと仕向けてくる自分との闘いが
成長の度合いを決める鍵を握ることが多いからです。
 
医学的に解釈するならば
「出来ない」ことが「出来る」ようになるということは
新しい脳の配線を開発するということを意味します。
ところが、その道のりは多くの場合、大変険しいものです。
心の中で「無理じゃないか?」「不要なことじゃないか?」「本当は危険なんじゃないか?」と
「出来ない」理由づけをしようと、巧みに仕向けてくる『心の作用』があるので
気を付けていないと、うっかり乗ってしまいそうになるからです。
 
要は、自分の中にある「不安回避システム」が問題なのです。
新しい経験に遭遇する時は不安が伴います。
この不安を感じた時が特に要注意。
不安を感じた時にどうやって安心を引き出すか、その方法は人それぞれです。
そしてその方法は、どのように作られるかというと
これまでの人生で何度も経験し、学習して身に着けてきたものなのです。
 
出来事をどう捉えるか
何に対して、どれくらい不安を感じるか
不安の原因をどう見立てるか
安心をどうやって引き出すか
 
是非、ご自分の学習で身に着けた記憶のパターンを点検してみましょう。
不安に対して敏感に反応する傾向が強いと些細なことに過剰反応してしまい
反射的に挑戦することを避け
その結果、新しい学習が出来ず
自らの成長を止めてしまうからです。
 
私も一年を丁寧に振り返り、非効率な心の作用はなかったか
成長を足踏みさせてしまったことと『心の作用』の関連を点検し
しっかりとすす払いをしたいと思います。
心の大掃除をして、気持ちのよい新年を迎えたいと思います。
 
皆さんも、どうぞよいお年をお迎えください。