グッジョブママにエール!

 

自治体から受託し運営している

子育て支援施設があります。

0歳から2歳の親子が

年間2万人以上利用しています。

 

運営に当たっている保育士さんたちから

「最近0歳児を連れたママがとても増えています」

「ご自身も育休中の方が多くて復職に不安を感じているようです」

と報告を受けました。

 

《確かに不安だろうな…》

 

保育園に入れるのだろうか

子どもが病気になったら傍にいてあげられるのかな?

本当に仕事と両立できるのだろうか

イライラして子どもにあたったりしないかな?

夫はどれくらい協力するつもりでいるんだろう

悩みを共有できる仲間がほしい…

 

考え出したらきりがないほど

不安が襲ってきます。

 

だったら育休中の今から

知恵をたくさん手に入れて

支え合う仲間をつくって

少しでも、仕事と子育てに

希望が持てるように支援してあげたい。

そう考え

「グッジョブママ~仕事も♪子育ても♪~」

というプログラム(月1回のグループセッション)を

スタートすることにしました。

 

先日行われた初めての会には35組の方が参加。

働くママが抱えるストレスの実態について

資料を見ながら皆で話し合いました。

 

まずは実態をしっかり見つめ

そして、復帰の時が来ても慌てず

問題が起きても対処できる知恵を

備えていけたらなあと思っています。

 

“働く”ということは

問題を乗り超える力を身に付けること。

つまり、出来なかったことが出来るようになること。

 

仕事ができる人というのは

問題解決力の高い人のことをいいます。

そう考えると、働くママは能力を

アップするチャンスを手にした人♪

 

動き出せば必ず問題にぶつかります。

そして、動かないと問題は消えない。

問題が出てくるということは

ちゃんと動いている証拠。

しかも、解決できない問題はないのです。

 

必ず解決策はある!

 

それを心底信じきって

動いているうちに

必ず解決の道は見つかります。

 

解決への近道は

今まで通りを変えてみること。

自分の考え方ややり方を疑ってみる。

そして全く違った見方をあえてしてみる。

そうやって新しい知恵の引き出しを

増やしていくのです。

 

小さな問題をたくさん超えていければ

知らず知らずに知恵と勇気が蓄えられ

いつの間にか問題が消えていることに驚くはず。

 

つっぱって生きてきた人は

あえて鎧を脱いでみてください。

弱音を吐かずに頑張ってきた人は

あえて思いっきり泣く体験をしてみましょう。

強がって闘ってきた人は

あえて甘えん坊になってみることです。

 

子どもと向き合う時間は

そんな人間らしい“わたし”に気づかせてくれます。

それはまさに、人としての奥行きが深まる瞬間。

 

子育てはブランクではありません。

焦らなくても大丈夫

急がなくても大丈夫

社会の戦力として新しい力を蓄える大事な機会なのです。

 

《大丈夫、大丈夫》を合言葉に

働くママをこれからも応援していきたいと思います♪