上の子の気持ち


 
それまで一人っ子だったのに
下にきょうだいが生まれると
子どもの環境は激変します。
そして、これまで経験したことのない
複雑な感情を体験するようになります。
それは下の子との年齢差によっても大きく違うようです。
 

【年子の場合】
下の子が生まれた時は
自分が兄・姉になるという意味がわかりません。
妹・弟のことも、興味を持つおもちゃが
一つ増えたというような感覚に近いのです。
自己主張が増える時期に差し掛かっても
“嫉妬”まではいきません。
ところがママの関心がどこにあるのかは
敏感に感じ取っています。
ママはいつも忙しそう。
赤ちゃんのことで頭がいっぱいみたいだ…
と感じているのです。
おとなしく静かに遊んでいたとしても
心の中では寂しさを感じていることが多いのです。
 
【2~3歳差】
自我の芽生える時期ともいわれ
「甘えたい」けれど
「自分の思う通りにしたい」
という思いが激しくなり
葛藤することが多くなります。
自分を上手く取り扱うことが出来ず
その上、赤ちゃんまでいるのですから大変です。
よく見られる“赤ちゃん返り”は
そんな状況でも「不安にならなくても大丈夫」
と安心させてほしいと願っている
サインでもあるのです。
 
【4歳以上差】
赤ちゃんのお世話をしたり
遊び相手になってくれる
頼もしい存在になります。
なので、親はつい頼りがちになります。
子どもの方も4歳を過ぎると状況を感じ取り
自分の感情をぐっと抑える力を持ち始めます。
親がそのことを理解せずにいると
子どもはついつい心の中にがまんを
積み上げてしまうのです。

 
年齢差によって多少違いはあるものの
上の子には上の子特有の心の葛藤があることが
おわかりいただけたでしょうか。
そのことが影響してなのか
上の子によくみられる性格があります。
 

【長子的な性格】
慎重・丁寧
聞きわけがいい
我慢づよい
聞き役になることが多い
きちんと物事を考えることが好き
遠慮がち

 
ちなみに下の子の性格特性も書いておきますね。
 

【次子的な性格】
甘えん坊
お調子者
依頼心が強い
自分の意見を押し通そうとする
やきもちやき

 
性格は、生まれ持つ特性をもとに
環境によってつくられるものです。
 
子どもにとって親という存在は
大きな環境要因です。
親は上の子に対して
どんな感情を抱きがちかということが
大きく影響を与えるのです。
 

【上の子の関わり方】
とにかく初めての育児なので
しっかり育てなければと肩に力が入り
不安と熱が入りやすいのが特徴です。
何かの記事で読んだことがありますが
実際、下の子よりも6倍多く手をかけている
というデータが紹介されていたことを思い出します。
ついつい厳しくなり、コミュニケーションも
一方的になりがち。
それを受けて子どもも
「期待に応えよう」と頑張ります。
上の子からすれば先を行く先輩がいないので
いつも先頭を走らなければならず
人の顔色をうかがったり
控えめになることがあるのです。

 
そんな上の子の気持ちを理解して
心の成長を支えてあげてください。
そこで是非おススメの方法があるので
ご紹介しておきます。
 

【ママと二人だけのとっておきの時間】
週末に下の子をパパに預けて
上の子とママが二人きりになる時間を
作ってあげて下さい。
気兼ねなくママを独占できる体験を
させてあげて欲しいのです。
そして、二人きりになった時に
伝えてほしい言葉があります。

 

「いつもありがとう。ママは知っているよ。
君が我慢してくれていること、頑張ってく
れていることをよく知っているよ。
ママが頑張れるのは君のお陰だったんだね」

 
と伝えてあげてください。
真剣に、心をこめて、ちゃんと言葉にして
伝えるのです。
 
最初、お子さんは驚くかもしれませんが
大きな安心感に包まれるはずです。
そして、家に帰るとほんのちょっとだけ
下の子に優しくするかもしれませんよ。
それは、優しさはもらわなければあげられない
というサイクルがあるからです。
 
最近叱ってばかりで上の子のことが
気になるといった時には、
大急ぎでママと二人だけの
とっておきの時間を作ってあげてください。