感情の輪


 
Plutchik(プルチック)理論をご存知ですか?
心理学者のRobert Plutchik(ロバート・プルチック)教授が
考案した感情モデルのことです。
 
彼は、感情を色彩の立体図のように考え
「感情の輪」というものを考案しました。
 

 
こうやって眺めてみるとキレイですね。
 
この感情モデルは中心に8つの基本感情があり
向かい合わせに対となる感情があります。
強度の違い(強い⇔弱い)や
感情の混合(予測+喜び→楽観など)によって
さまざまな感情を作り出すと考えられています。
 

基本感情 反対の感情
喜び 悲しみ
信頼 嫌悪
心配 怒り
驚き 予測
悲しみ 喜び
嫌悪 信頼
怒り 心配
予測 驚き

 

応用感情 構成 反対の感情
楽観 予測 + 喜び 失望
喜び + 信頼 自責
服従 信頼 + 心配 軽蔑
畏怖 心配 + 驚き 攻撃性
失望 驚き + 悲しみ 楽観
自責 悲しみ + 嫌悪
軽蔑 嫌悪 + 怒り 服従
攻撃性 怒り + 予測 畏怖

 
感情は混合することで
新たな感情が生まれるのだとしたら
数えきれないほどたくさんの種類の感情を
作り出す可能性があるということになりますね。
 
また、人によって
体験する感情に随分と差があります。
 
赤系の感情体験が多ければ
常に赤トーンの感情を持つ人格になるでしょうし
青系の感情体験が多ければ
青トーンの感情を持つ人格になるでしょう。
また、どの感情体験も豊かであれば
まさに感情の輪のように
大輪の花のような色鮮やかな感情を持つ
人格になるのかもしれませんね。
 
ものごとを悲観的に見るか
それとも楽観的に見るかは
これまでの体験記憶に
強く影響を受けているのかもしれません。
だとしたら、体験を変えていけば
人格も変わるというロジックが成立します。
不快な出来事に遭遇しても
悲観に入らず肯定的に捉えられたら
感情の色彩が変化して
人間関係や仕事など
あらゆることに良い影響がもたらされることでしょう。
 
皆さんは、どんな感情のグラデーションを持っていますか?
これまでの人生を感情体験という指標で振り返ると
謎が解けるかもしれませんね。
どんな感情を
どれくらいの量
経験してきたか。
 
時には「感情の輪」を使って
自己洞察してみることも
これからを生きるためには大切ですね。